So-net無料ブログ作成

写真集「HERE」 [イ・ミンホ掲載雑誌]



2016010709124470069_1.jpg


俳優イ・ミンホがデビュー9周年を記念して写真集を出版する。来る15日イ・ミンホの単独写真集「ヒア(HERE、サブタイトルI was here、I AM HERE)」でファンに感謝の気持ちを伝える。デビュー以来、常に一緒にいてくれたファンに感謝の気持ち、俳優であり青年として、20代終わりの日常の記録を収めた写真集である。「ヒア(HERE)」というタイトルで作られた今回の写真は、ロマンチック都市パリでイ・ミンホの日常の姿と同時にエキゾチックな気分の中でイ・ミンホの姿が風変わりな魅力をかもし出すことと期待を集めている。写真集には、ファッション画報を彷彿させる写真が大量に載せられ青空カフェで余暇を楽しむ姿から朝のお出かけ前飾らない素の姿、セーヌ川沿いの一帯を歩くイ・ミンホの気さくな姿まで網羅した。また、撮影メイキング映像が盛られたDVDと大型ポスターも複数枚収録されて現場の感動をそのまま感じることができる。デビュー9年目、29歳の感情を短くまとめたエッセイも一緒に収録されて目を引く。俳優である前に29歳の青年イ・ミンホの現在と悩みの痕跡を文章でも会うことができ、これにより、イ・ミンホの率直な姿を垣間見ることができると期待される。イ・ミンホの単独写真集は来る15日、国内発売を皮切りに、日本、中国など順次発売される予定。
  

元記事

お花参加ありがとうございます。

お花屋さんのサイトを 見てください。

お花の画像をクリックすると1個だけ出てきます。
それをまたクリック そして もう1回クリックすると 拡大画像が見れますよ。

最初にお願いしていた花のイメージでは製作不可能と言われ ショックを受け
結局 イメージをちゃんと伝えれなかったようで・・・。
次回は もっと 考えをまとめようと思っています。

スタンド花の中央はこんな感じです。

232820472_org_v1453704271.jpg



会場でemiさんが撮影してくれました。
全体像を見ると 悪くはないなと ホホホ

25a.jpg



今回もemiさんに札の製作を依頼しました。
お忙しい中、ありがとうございました。

イ・ミンホ、日本でトークコンサー大盛況 [イ・ミンホ 이민호]

2016.1.27エンタメコリア記事

俳優イ・ミンホが韓国と日本で初めてトークコンサートを開催した。  イ・ミンホは25日、横浜のパシフィコ横浜国立大ホールで、午後2時と7時の2回にわたりトークコンサート「MINOZ WORLD -MINOZ MANSION-」を開催した。このコンサートには日本のファン約1万人が集まった。
2016012701510_0.jpg
 コンサートはイ・ミンホが自叙伝を執筆するにあたり、感謝をしたい人々を思い浮かべる様子を収めた映像から始まった。その後、ビッグデータをベースにしたイ・ミンホの20代分析資料を紹介するなどした。
2016012701510_1.jpg
 また、出演ドラマ『花より男子~Boys Over Flowers』の名シーンを振り返ったほか、ドラマ『相続者たち』のスプリンクラー・シーン、『シティーハンターin Seoul』のスプーン・アクション、『シンイ-信義-』の告白シーン、『個人の趣向』バックハグ・シーンなども見て、ファンから歓声が上がったり、ファンと再現したりした。
2016012701510_2.jpg
 初の単独トークコンサートを終えたイ・ミンホは「コミュニケーションは対話から始まると思います。これからもファンと対話することでスムーズなコミュニケーションを図る場を頻繁に設けられるよう頑張ります」と語った。

合ってねぇじゃん!


イ・ミンホ「星から来たあなた」脚本家の新作ラブコメのオファーを受けて“最優先で検討中”

記事検索ができてなくて ごめんなさい。

↓ は 決定ではなく そのような~という感じですが う~んと期待しちゃいますね。
本当であれば チン・ヒョクPDも さぞかし喜んでることでしょう。

ってか 当然 ミンホも前向きでしょうけど・・・決まってくれィ~ [決定]

日本語記事

俳優イ・ミンホがパク・ジウン脚本家の新作を最優先で検討していると明らかにした。
イ・ミンホの所属事務所であるStarhouseエンターテインメントの関係者は21日午後、OSENに「作品のオファーを受けているのは事実であり、最優先で検討している作品だ」と述べた。
イ・ミンホが検討中の作品は「棚ぼたのあなた」「星から来たあなた」「プロデューサー」を手がけたパク・ジウン脚本家の新作で、ラブコメディとのことだ。「検事プリンセス」「シティーハンター in Seoul」「追跡者 THE CHASER」「ドクター異邦人」などを演出したチン・ヒョクプロデューサーの新作だ。


ピョンチャン広報大使なのに 行けるのか的な 話


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。